親愛なる僕へ殺意をこめてドラマの原作と真犯人は誰?予想も!

フジテレビ系2022年10月からの”水10″ドラマ、Hey! Say! JUMPの山田涼介さん主演『親愛なる僕へ殺意をこめて』。

ここでは連載終了後より映像化希望の声が高かった原作について、解説していきます。





目次

親愛なる僕へ殺意をこめて【ドラマ】の原作は…

『親愛なる僕へ殺意をこめて』は、原作:井龍 一、作画:伊藤翔太による漫画です。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2018年23号から2019年36・37合併号まで連載。その後、ウェブコミック配信サイト『コミックDAYS』(同社)に移籍し、2019年8月5日から2020年9月7日まで全97話が配信・連載されました

あらすじ

「人生楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ(うらしま・えいじ)。一見お気楽な大学生だが、”実の父親が連続殺人事件の犯人”ということで、少年時代はいじめや嫌がらせにあうなど過酷な人生を歩んできた。”連続殺人鬼の息子”という事実をまわりにひた隠しにしてきたエイジには、雪村京花(ゆきむら・きょうか)という彼女がいるが……。

ある日父親が起こした殺人事件と殺害方法が酷似した猟奇的殺人が起こったが、エイジにはその殺人事件が起こったとされる時期の記憶が完全に抜け落ちていて……。

さまざまな状況を鑑み、自らが二重人格であることに気づき「今回の殺人事件を犯したのは、連続殺人鬼である父親の血をひくもう1人の自分なのでは?」という恐怖と不安にさいなまれたエイジは、事の真相を突き止めるべく自分探しの旅に出たが、そこで驚天動地の事実が次々と明らかになっていく……

kindle本はこちら→親愛なる僕へ殺意をこめて (全11巻)





親愛なる僕へ殺意をこめて【ドラマ】真犯人は誰?予想も!

連続殺人犯の父をもつ主人公が、知らぬ間に殺人事件に関係していることから展開していくサスペンス作品。

知らぬ間に、というのは、主人公は二重人格者、解離性同一症(解離性同一性障害)でもう一つの人格になっている間の記憶がないからです。

原作漫画はこう思わせて実はこうだった、という事象がいくつも展開され、混乱の極みを呈しているのですが、ドラマ化されるとなると全10話でどのくらい原作を再現できるのかが疑問ですし、登場するキャラクターが多少違う構成になっていることもあるため、ひょっとすると原作とはかなり違う展開になるかもしれないという気がしています。

真犯人は誰なのか……この話題についてはドラマを見ながら追々更新していきたいと思います。





まとめ

二重人格者である主人公だけでなく、彼を取り巻くキャラクターがひとひねりもふたひねりもあるキャラクターばかり、彼らを山田涼介さんを始めとするキャストの皆さんがどう演じていくのか、ドラマの放映が楽しみですね。

→親愛なる僕へ殺意をこめて【ドラマ】はいつからいつまで?最終回の放送日も
→親愛なる僕へ殺意をこめてドラマのロケ地と山田涼介と川栄李奈の目撃情報!
→親愛なる僕へ殺意をこめて”打ち切り”のうわさの理由は…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

残業中の椎骨動脈解離から、右延髄梗塞を発症し医療事務系ブラック企業を退職。社会復帰と称してアルバイトを掛け持ちしながらブログを書く主婦。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次