浴室暖房乾燥機のすすめ

ガス衣類乾燥機「乾太くん」がおすすめという話をしておきながら、今度は浴室暖房乾燥機がおすすめとか、どういうことかと思われるかもしれませんが。

理由はあります。

我が家には、「乾太くん」ではなく浴室暖房乾燥機を設置しているからです。

夫婦と子ども二人、みたいな洗濯物が山ほどあるような家族構成であれば、「乾太くん」がおすすめです。

しかし、我が家のように「夫婦二人だけ」みたいな家族構成ですと、毎日洗濯機を回すほどの洗濯物がなかったりするのです。

そんなこんなで我が家では浴室暖房乾燥機が大活躍中です。





目次

浴室暖房乾燥機とは

浴室暖房乾燥機とは、浴室のスペースで暖房、乾燥、涼風、換気の機能を持つ機器のことです。

浴室暖房乾燥機があれば、

  • 衣類乾燥機のように雨の日や花粉症の時期に室内で洗濯物を乾かすことができる
  • 浴室の防カビ対策ができる。換気扇を回すだけよりは湿気が素早く取り除かれるため、効果が期待できる
  • 暖房機能によりヒートショック対策ができる

我が家では今の時期は浴室を乾燥させる機能しか使っていませんが、冬になると洗濯物を乾燥させる乾燥機の機能が大活躍します。





浴室暖房乾燥機の種類

これも、衣類乾燥機同様に、電気式とガス式があります。

電気式は、コストを抑えられる

電気式はガス式のそれよりは本体価格が安いことが多いので工事費を考慮してもガス式より安価に導入できます。

ガス式は、パワフルに暖房・乾燥ができる

ガス式は電気式より費用はかかりますが、浴室を暖める時間は速くなり、乾燥時間も電気式よりは短くなります。





浴室暖房乾燥機の設置方法

浴室暖房乾燥機には、天井埋め込み型と壁掛け型があります。

壁掛け型は手軽に設置できる

壁への取り付けとコンセントにつなぐだけで設置できて、工事がほぼ必要ないため、本体の費用だけで、お安く設置できます。

天井埋め込み型はすっきり仕上がる

天井埋め込み型は天井に埋め込むためすっきりした浴室に仕上がります。

ただし天井に十分なスペースがないと取り付けできないため、ほぼリフォーム時に導入されることになります。

ちなみに我が家はガス式で、エコジョーズという給湯器システム導入の際に浴室暖房乾燥機を取り付けました。

給湯器システムの交換と同時に導入すると、工事が一度にできますので工事費用を少し抑えることができますし、そういうときに考えてみるのもいいかもしれません。





まとめ

浴室暖房乾燥機の導入には

  • 本体費用
  • 工事費用
  • あれば古い浴室暖房乾燥機の撤去費用

が、かかります。決して安い買い物ではありませんし、水回り設備でもありますから、のちのちメンテナンスが必要になることも考えられます。

安くはないですが、こういった工事は安いところに飛びつくと後々痛い目にあうこともあるので、工事業者選びには十分気をつけて、故障などにすぐに対応できる体制が整った業者に依頼するようにしましょう。

では、快適な乾燥機ライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

残業中の椎骨動脈解離から、右延髄梗塞を発症し医療事務系ブラック企業を退職。社会復帰と称してアルバイトを掛け持ちしながらブログを書く主婦。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次