リバーサルオーケストラ/劇伴曲名曲目・ネタバレ感想・見逃し配信も調査

リバーサルオーケストラ05
  • URLをコピーしました!

日本テレビ系のドラマ『リバーサルオーケストラ』が、2023年1月11日水曜日よる10時、22時より放送開始です。

目次

リバーサルオーケストラ予告映像&ティザーPRなど

ティザーPR第1弾公開。

チャイコフスキーの交響曲第6番第3楽章。

予告映像第1弾公開

チャイコフスキーの『くるみ割り人形』の『トレパック』。

ティザーPR第二弾公開。

こっちもくるみ割り人形ですね。

予告映像第2弾公開。

ずっとくるみ割りなので、今回テーマはこの曲で行くんでしょうか?

60秒予告公開。

チャイコフスキーのくるみ割り人形より「トレパック」
グリーグの「ペール・ギュント」第1組曲「山の魔王の宮殿にて」
チャイコフスキーの「交響曲第5番第4楽章」

……の、アレンジですね。

第1話の見どころまとめ5分PRというのが出てきましたよ。

ロッシーニの「ウィリアムテル序曲」
メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」の第3楽章
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」の「トレパック」
ラヴェルの「ボレロ」
チャイコフスキーの交響曲第6番第3楽章
ムソルグスキー「展覧会の絵」より「バーバ・ヤーガの小屋」
グリーグの「ペール・ギュント」第1組曲「山の魔王の宮殿にて」
チャイコフスキーの「交響曲第5番」の第4楽章

かなりアレンジされていますが、こんな感じですね。

そして、TikTokに上がっている宣伝のBGMは「ラデツキー行進曲」のアレンジ版ですよねー。

えーと、わたし登場人物の設定を見てすっかりアマオケだと思ってたんですけど、ポンコツなプロオケだったんですね……そりゃいかんですね……。





「リバーサルオーケストラ・スペシャルコンサート」の開催が決定!

2023年2月21日火曜日、横浜みなとみらいホールにて、『リバーサルオーケストラ・スペシャルコンサート』が開催されます。

このコンサートの申し込みページの「注意事項」に「当イベントは番組収録も兼ねております。」とあるので、おそらくコンサートのシーンの撮影でしょうし、コンサート会場のロケ地は「横浜みなとみらいホール」ということになりますね。

プログラムの内容が、
・エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
・チャイコフスキー:交響曲第5番(抜粋)
・ビゼー:『アルルの女』第2組曲より「ファランドール」
・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」(抜粋)
・ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲より「スイス軍の行進」 ほか
となっていますが、すべてドラマの中で使用されていますね。





ドラマ「リバーサルオーケストラ」オリジナル・サウンドトラック発売

ドラマ「リバーサルオーケストラ」オリジナル・サウンドトラックが、2023年03月08日に発売されます。もう予約が始まっていますよ。

リバーサルオーケストラ各話劇伴曲目と感想

#01 2023年1月11日放送

埼玉県のはずれにある、のどかな街・西さいたま市。街では音楽での地域活性化を図るべく、市長・常葉修介(生瀬勝久)の旗振りで、立派なシンフォニーホールを建設中。市役所の広報広聴課に勤務する谷岡初音(門脇麦)は、ホールの4月オープンを告知するポスター配布のため、公民館にやって来る。そこで行われていた地元のオーケストラ『児玉交響楽団』――通称『玉響』の公演を覗いた初音は、驚愕の光景を目にする…!

「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

常葉朝陽のライプツィヒでの指揮がな、あんなので演奏できるんかいタイプやなと思ったり。曲はストラヴィンスキーの「火の鳥」の終曲、ホールがホントにライプツィヒのホールらしく、合成感がすごい。

シンフォニーホール建てるとか、典型的なハコモノ市政やってるなーというところですね。
初音ちゃんがコンサートホールのポスター貼ってる時の、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲がこんなキュートでコミカルに生まれ変わるんだなと。もともと第3楽章はかわいらしい曲ではあるんだけど、更にキュートになってますね。

ところで、ポスターの位置調整、傾きとかあったら関東では「ゆがんでる」っていうんですね、わたし「かたがってる」しか思いつかなくて。

「おやこでクラシック」とかいうコンサート、ラデツキー行進曲、指揮者が途中でやめちゃうとか、なんかもうよっぽどやな。なんかある意味すごいわ、アマオケよりポンコツな演出だったわ。

で、あまりのポンコツ具合にあきれるというか、これコンマスがすっごいポンコツ。弦が切れたら交換に交換を重ねていく、なんか決まりがあったはず。
関係ないけど、ヴァイオリンの弦が切れたのは見たことないけど、ホルンがぶっ壊れたコンサートに出くわしたことはある。舞台裏にいたバンダの人が修理してた。

天才同士の幼なじみかー。回想シーンで初音ちゃんが三島彰一郞になんて言われたのかすごく気になるわ……。

ていうか、谷岡家のマヨネーズ、でかすぎない?業務用?

で、まあ、確かにこどものヴァイオリンコンクールで弾いてたゴセックのガヴォット、あれはひどすぎるわーちびっこでもあんな下手な状態で普通コンクール出さないよねえという感じ。コンクールの手伝いとかしたことあるけど、コンクールに出てくるちびっこって、もうちょっと、かなり、上手いので。

常葉朝陽の言うことはもっともだと思うよ。

コンクールに出る子どもって、雰囲気としては低学年でもザイツのコンチェルト第4番の第3楽章弾いてる「たにおかヴァイオリン教室」の生徒さんみたいな感じなのよね。

常葉朝陽が練習場で激怒シーンの曲だけど、ラフマニノフの前奏曲「鐘」をいじくりまくるとこんな風になるかもなーと思ったりしてる。

まあ、とにかく常葉朝陽としては、初音ちゃんをコンマスにしたいわけですね。

ドラマのオープニング曲は結局チャイコフスキーの交響曲第5番第4楽章なのね。

小野田さんて、長い説明の台詞多くてそっちの方がすごいかも。

初音ちゃんはステージに立つのをやめて、自宅でヴァイオリン教室してるだけで、なんであんなこそこそしてるのかと思ったら、そうか、地方公務員の副業になっちゃうからなのか。

翌朝…というか、この人一体何日追っかけしてるんだろう。夜も路上で待ち伏せとか怖くない?

朝陽がだまされて帰国して話を聞いてる時や初音ちゃんが市長室ではめられる時の、ハノン練習曲がえらくコミカルなアレンジで、これもあちこちで使われてて、なんかかわいい曲になってるわ。

あの…オケのドラマという割に、ピアノ曲多くないですか。

練習1曲目、ビゼーの「アルルの女」のファランドール、イラッとくるほど下手に弾けるなーとむしろ感心する。だって人間って本能的に合わせようとしませんか…。

練習2曲目、ロッシーニの「ウィリアム・テル」の序曲弾いて、初音ちゃん楽しいのが隠せないのがかわいいわー。しかし、パート譜いっこも見てない初見以前なのにあんな弾けるもんなのかが謎。

ていうか、田中圭、指揮振り意外とそれらしかった。のだめの実写版千秋先輩よりそれらしいわーとか思っちゃったよ。

初音ちゃん、10年前、チャイコフスキーのVn協奏曲の時に妹が救急搬送、というエピソードがあって、以来ステージを降りたんだね。

奏奈ちゃんと初音ちゃんが大げんかして、……「楽しかった!」って初音ちゃんが言うところすごく好き……。

「もしかしたら今までで一番楽しかったかもしれない」

わたしも、思ってたより楽しかったかもしれない! クラシックの曲のアレンジ今回すごく面白い!

ところで、常葉朝陽、毒舌って触れ込みなんだけど、全然毒舌でも何でもなくない?ドラマが始まる前に変人ぽい記載もあったけど、全然変な人じゃないし。

#02 2023年1月18日放送

地元のポンコツオーケストラ“玉響”にコンサートマスターとして加入した初音(門脇麦)。ソリストとオケのコンマスは弾き方も役割も大きく違って不安も多いが、それと同じくらいワクワクもしていた。

「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

なんというか、まだ職場にはヴァイオリン弾けるってところから隠してるのね初音ちゃん。この同僚さんが玉響のコンサート聴きに来たらステージ見て谷岡さんが居てびっくり、みたいなシーン希望!

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第3楽章のんびり版は、こんな感じで頻繁に使われる劇伴になってく感じでしょうか。

ピヨピヨ堂のプリンのシーン、ちょっとかわいすぎる……。

ていうか、奏奈ちゃん、いいキャラだよね…多分奏奈ちゃんがいないとこのドラマの初音ちゃん側の話が回らないんじゃないかと…。

公演の曲目がエルガーの「威風堂々」なの、すごくありがちで、しかし聞き手が中学生となるとバランス感いいなと思う。「威風堂々」って吹奏楽でもやるし。

つか、前にも言ったけど谷岡家のマヨネーズでかすぎ!!唐揚げにはマヨですか…そうですか…。

その蒼くんがこの話で何度か演奏するのが「アルルの女」の「メヌエット」。

このアカウントが、普通にドラマのSNSと言うだけではない、面白い使い方をされるようなので、更新を楽しみにしています。

三島彰一郎の演奏、ラロの「スペイン交響曲」第5楽章。

つか、三島彰一郎もなんか家族関係複雑そうですね。

指揮者独自のルールで、10時集合なら10時1分にならなければ遅刻ではないそうだけど、それホント独自ルールだよ、10時と言われたら10時音出しだからね…。

「やっと、目が覚めましたね」

いろんな意味の「目が覚めましたね」が入ってる、ふかーい台詞だな……。

蒼くんが初音ちゃんちに下宿するという解決策が見つかったあとの、常葉朝陽の笑顔がすごくいい……!ドラマやってる3ヶ月だけ田中圭のファンになりそうだわ……。





#03 2023年1月25日放送

初音(門脇麦)は蒼(坂東龍汰)を下宿人として家に招き、妹・奏奈(恒松祐里)と3人での同居生活が始まった。奏奈は蒼を意識して家事を張り切るが、初音は誰が居ようとジャージ姿でお構いなし。それより気掛かりなのは、市長の修介(生瀬勝久)をはじめとする市役所の職員たちにヴァイオリニストであることを黙ったままなこと。10年ぶりのステージ復帰を前に、本当に舞台に立てるのか自信がなかなか持てないのだ。

「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

ふふふ…確かに初音ちゃんは、不思議なくらいヴァイオリン弾きだということを内緒にしてるよね…。

しかし、ティンパニの木之崎さん役の人、こっそり台詞まであってすっかり俳優さん扱いされてるけど、神奈川フィルの人だからね!(笑) 神奈川フィルのティンパニの篠崎史門さんだからね! お父さんはN響のコンマスだからね!

で、更に新団員登場。ティンパニの新しい人は、元S響という設定。

ライブハウスでドラムたたいてたティンパニの人を思い出した初音ちゃん……昔いろんなところで弾いていたのが今こんな時に役に立ってるんだねー。常にテンション低めの初音ちゃんしか知らなかった団員二人が、ティンパニスト知ってるテンション上がりまくりの初音ちゃんについていけてない感がすごい。

作戦会議とか言って谷岡家に集合してる団員……職場の同僚って感じじゃなくなってきてるよねえ……。

ていうか、お父さんピアノ調律師お母さんピアノの先生、お姉ちゃんヴァイオリニストって環境なのに、奏奈ちゃんが音楽関係のことなんにも知らないのってあるんだろうか。まあちっちゃい頃にピアノちょっとやってすぐやめたとかならありえるかもしれんけど。

まあ、彼女の役どころはクラシックやオーケストラを知らない人向けにかみ砕いて解説用キャラってところなんでしょう。つか、蒼くんの「ものすごく簡単に言うと」の説明わかりやすすぎる。教えるのひょっとして上手い?

練習を視察とか、ホント、ここのオケって市長と市議との小競り合いに巻き込まれまくって大変だなあと。

本宮市議の豚汁はまあ、嫌がらせなんだけど、嫌がらせが平和的で笑っちゃう。

指揮者入場して初音コンマスと握手のときに「おかえり」って言うの、常葉朝陽、全部知ってますよ感がすごいんだけど。なぜ初音ちゃんをコンマスにしたかったのか、なぜもう一度ステージに立たせたかったのか? とかいう話になるの? 全10話でそこまで突っ込める?

あー。ブラボーおじさんなんて、久しぶりだなあ……コロナ禍でブラボーが禁止になってから全然聞いてなかったから、ホント久しぶり。いつかブラボーが聞けるようになったらいいなあ……。

あと、演奏終わって挨拶のときの常葉朝陽の笑顔、すごくいいというか、すごく指揮者っぽい!……演奏終わってご挨拶のときの指揮者ってだいたいあんな感じだわ。楽器のみなさんはもっとシャイな感じなんだよね。

田中圭の指揮って、イマイチって思うところと、えらい上手いなあと思うところの差が結構アレなんだけど、これ多分、撮影をばらばらに撮ってて、オケ相手に振ってるうちに上手くなっていったの図なんじゃないかと思うんだけど、そうすると上手くなるスピードがすごいなというのと、あと、普段2つ振りで振るけど、曲想が切り替わる前の小節だけ4つ振りにするとかいう細かい振り分けがあるの、ホンモノぽくてびっくりしたわー。

ラスト、なんなの!?三島彰一郞、なんなの!?めっちゃ堂々とハグしちゃったりして!?

あと、次回予告が気になりまくりです。

ドラマの盛り上がりを作るなら、ピアノならラフマのピアコン、みたいに、ヴァイオリンならチャイコンかなーとは思うけど、コンマスで復帰したばかりなのに、ソリストやらせるつもりですかね?トラウマを乗り越えるとかやらせるんですかね?怖いなあ…。

つか、チャイコンで初音ちゃんがソリストやるとしたら……

コンマス誰がやるの?

#04 2023年2月1日放送

発表会の成功で自信をつけた団員たちは、もっと大勢の人にオケの存在を知ってもらうために「出張オーケストラをやろう!」と大盛り上がり。自分たちからいろんな場所に足を運んで演奏するのだ。朝陽(田中圭)も「オケと市民との距離が近くなる」と賛成し、初音に実施案を提出するよう命じる。

「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

いや、曲がりなりにもプロオケなんだからさ、あの発表会で自信つけたとかそれはないでしょう……とは思うものの、ずっと客が入らない演奏会やってたみたいだから、客がいっぱいの演奏会はそりゃ感動ものかもしれん…。

#05 2023年2月8日放送

シンフォニーホールとのフランチャイズ契約を懸けて、4月のこけら落とし公演で高階フィルと対決することが決まったのだ。勝敗は審査員票と観客票で競うという。実力差は明らかだが朝陽はそもそも負けるとは思ってないようで……(中略)……玉響に不測の事態が起こる。いつもの練習場が本宮(津田健次郎)の嫌がらせで使えなくなってしまったのだ!練習場所を確保したと言う朝陽に案内されてやった来た場所は、まさかの朝陽の自宅、常葉酒造で…!?

「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

ちょ、練習場が使えなくなるとか、ちょっとそれはひどすぎる!





リバーサルオーケストラ見逃しTVerで見れない?過去動画を無料で見る方法

ドラマ『リバーサルオーケストラ』のリアルタイム配信と見逃し配信は、『TVer』で視聴することができます。『TVer』での見逃し配信は、次の放送日の22時までです。

ドラマ『リバーサルオーケストラ』の見逃し配信は、『日テレ無料!(TADA)』でも視聴できます。
『日テレ無料!(TADA)』での配信は2023年3月22日午後9時59分までです。

ドラマ『リバーサルオーケストラ』は『hulu』でも見ることができます。

月額1026円ですが、初回に限り2週間無料お試し期間があります。無料期間が終了する前に解約すれば、一切料金は発生しません。





まとめ

とある自治体の中の、オケvsオケの話になっていくのでしょうか。音楽が題材のドラマはとても久しぶりなので、なんだかちょっと面白くなってきました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

レセプト中に脳梗塞を発症し医療事務系ブラック企業を退職。社会復帰と称してアルバイトを複数掛け持ちしながらブログを書く主婦。

目次